So-net無料ブログ作成
経済指標・イベント ブログトップ
前の6件 | -

米国雇用統計にて、2019年11月の非農業部門雇用者数、3カ月ぶりに20万人台を回復 [経済指標・イベント]

 12月6日、米国労働省から最新の雇用統計が発表されました。それによると、2019年11月の非農業部門雇用者数は前月比26万6000人増と、前月の同15万6000人増から増勢が加速し、3カ月ぶりに増加数20万台を回復しました。

 一方、失業率は3.5%と、10月の3.6%から低下しました。数値的には改善と判断されるものの、労働参加率は低下しており、今回の失業率の低下は労働力人口の減少の反映と捉えることもでき、留意が必要と思われます。

 業種別の雇用者数については、まず、ここ最近、低調が続いていた製造業が同5万4000人増と、前月の同4万3000人減から2カ月ぶりのプラス回復となりました。この点に関しては、GMにおけるストライキ終結も寄与した模様です。

 ただ、その一方で、卸売業が同4000人減と小幅ながら5カ月ぶりにマイナスとなったほか、建設業(同1000人増)や小売業(同2000人増)、不動産業(同4000人増)など、小幅なプラスに留まった業種もありました。

 このように、業種別にバラツキが見られるなど、評価の分かれる内容だったと言えるかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

2019年7~9月期の米国の実質GDP成長率、前期比年率2.1%増へ上方修正 [経済指標・イベント]

 11月27日、米国商務省から最新の実質GDP成長率が発表されました。それによると、2019年7~9月期の実質GDP成長率(改定値)は、前期比年率2.1%増と、速報値の同1.9%増から上方修正されました。

 各需要項目の改定状況は以下の通りです。
          改定値   速報値
個人消費    :同2.9%増←同2.9%増(修正なし)
住宅投資    :同5.1%増←同5.1%増(修正なし)
民間設備投資  :同2.7%減←同3.0%減(上方修正)
在庫投資(寄与度):同0.2%増←同0.1%減(上方修正)
政府支出    :同1.6%増←同2.0%増(下方修正)
純輸出(寄与度) :同0.1%減←同0.1%増(下方修正)
 輸出     :同0.9%増←同0.7%増(上方修正)
 輸入     :同1.5%増←同1.2%増(上方修正)

 個人消費と住宅投資の修正がなかったほか、企業部門では、民間設備投資がマイナスながら上方修正、また、在庫投資も上方修正により、成長率を押し上げる方向で寄与する形に改定されました。

 外需関連では、輸出、輸入ともに上方修正されたものの、伸び率で輸入が輸出を上回ったこともあり、純輸出は成長率を押し下げる方向で作用する形に変更されました。

 家計部門に安定感が戻りつつあるとの印象です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

米国の非農業部門雇用者数、9月は前月比13万6000人増へ鈍化 [経済指標・イベント]

 10月4日、米国労働省から直近の雇用統計が発表されました。それによると、2019年9月の非農業部門雇用者数は前月比13万6000人増と、前月の同16万8000人増から増勢鈍化、一方、失業率は3.5%で、前月の3.7%から0.2ポイント低下しました。失業率の低下は4カ月ぶりです。

 非農業部門雇用者数は、5月に同6万2000人増と、2月(同5万2000人増)以来の増加数10万人割れとなったものの、それ以降、増加数10万人超えを維持しており、安定感を取り戻した格好です。

 もっとも、雇用者数の増勢が徐々に鈍化していることに加え、製造業が同2000人減と、小幅ながら、6カ月ぶりに減少となったほか、小売業が同1万1000人減と、8カ月連続のマイナスとなるなど、低調な業種も見られたことなどから、今後の展開には留意が必要です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

日本の貿易収支は8月も赤字となり、2カ月連続赤字に [経済指標・イベント]

 2019年9月18日、財務省から最新の貿易統計(通関ベース、速報値)が発表されました。それによると、2019年8月の貿易収支額は1363億円の赤字となり、前月から赤字幅は縮小ながら、2カ月連続の赤字となりました。

 内訳を見ると、輸出額が6兆1410億円(前年同月比8.2%減)、輸入額は6兆2773億円(同12.0%減)でした。輸出額が9カ月連続の減少、一方、輸入額は4カ月連続の減少です。そして、輸入額が輸出額を上回ったことにより、貿易収支が赤字となりました。

 一方、数量ベースの変動を見ると、輸出数量同6.0%減、輸入数量同6.2%減と、いずれも2カ月ぶりのマイナス転換となりました。

 今回、金額、数量ともに、輸出、輸入いずれもマイナスとなりました。国内経済、世界経済、ともに不調に逆戻り…といった印象です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

日本の2019年7月の貿易収支は2カ月ぶりの赤字に [経済指標・イベント]

 2019年8月19日、財務省から最新の貿易統計(通関ベース、速報値)が発表されました。それによると、2019年7月の貿易収支額は2496億円の赤字でした。2カ月ぶりの赤字ぶりです。

 その内訳を見ると、輸出額が6兆6432億円(前年同月比1.6%減)、輸入額は6兆8928億円(同1.2%減)でした。輸出額が8カ月連続の減少、一方、輸入額は3カ月連続の減少でした。輸入額が輸出額を上回ったことで、貿易収支は赤字となりました。

 数量ベースでは、輸出数量が同1.5%増で9カ月ぶりのプラス、また、輸入数量も同6.7%増で3カ月ぶりのプラスでした。

 金額ベースで輸出・輸入ともにマイナス、一方、数量ベースでは、輸出・輸入ともにプラスと、対照的な内容となりました。この要因として、為替相場が円高方向に推移した可能性が考えられます。

 ちなみに、輸出額・輸入額ともに、そのマイナス幅が縮小するなど、復調の兆しとの見方もできそうです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

最新の米国雇用統計発表。2019年6月の非農業部門雇用者数が大幅に回復 [経済指標・イベント]

 2019年7月5日、米国労働省から最新の雇用統計が発表されました。それによると、2019年6月の非農業部門雇用者数は前月比22万4000人増と、前月の同7万2000人増から大幅に増勢が加速し、2カ月ぶりに増加数20万人台を回復しました。

 業種別では、製造業が同1万7000人増と、5カ月ぶりに増加数1万人台を回復、建設業も同2万1000人増と、前月の小幅な増加(同5000人増)から大幅回復、また、専門職・企業サービスも大幅増加(同5万1000人増)を維持しました。そのほか、不動産や情報関連、レジャー・接客なども、小幅ながら増加しました。

 一方、非農業部門雇用者数と同時に発表された失業率は3.7%と、3カ月ぶりに上昇したものの、引き続き、低水準を維持しています。

 今回の雇用統計は、前月の低調を示す内容から、一転、復調を示す内容となっており、米国雇用は、一進一退といった印象です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
前の6件 | - 経済指標・イベント ブログトップ