So-net無料ブログ作成

日本の2019年7月の貿易収支は2カ月ぶりの赤字に [経済指標・イベント]

 2019年8月19日、財務省から最新の貿易統計(通関ベース、速報値)が発表されました。それによると、2019年7月の貿易収支額は2496億円の赤字でした。2カ月ぶりの赤字ぶりです。

 その内訳を見ると、輸出額が6兆6432億円(前年同月比1.6%減)、輸入額は6兆8928億円(同1.2%減)でした。輸出額が8カ月連続の減少、一方、輸入額は3カ月連続の減少でした。輸入額が輸出額を上回ったことで、貿易収支は赤字となりました。

 数量ベースでは、輸出数量が同1.5%増で9カ月ぶりのプラス、また、輸入数量も同6.7%増で3カ月ぶりのプラスでした。

 金額ベースで輸出・輸入ともにマイナス、一方、数量ベースでは、輸出・輸入ともにプラスと、対照的な内容となりました。この要因として、為替相場が円高方向に推移した可能性が考えられます。

 ちなみに、輸出額・輸入額ともに、そのマイナス幅が縮小するなど、復調の兆しとの見方もできそうです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。